Ch.1 ひとことコ〜ナ〜
名前
本文
 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 
☆TAK☆
15/06/25 08:38
あ、なるほど・・・ 確かに予想外・想定外の事が起こりますよね。(-_-;
魔法使い
15/06/25 00:38
そーなのよ。だからメモリ破壊はタチが悪いのよ。
論理的に追い詰められないから。
☆TAK☆
15/06/24 09:36
え? 書いた通りに動かないの?
まるで魔法やん・・・・さすが魔法使いさん。(^_^;
魔法使い
15/06/23 22:10
いや、書いた通りに動いてるならまだ大丈夫。
論理的に追い詰められるから。
☆TAK☆
15/06/18 10:09
「プログラムは思った通りには動かない。書いたとおりに動くのだ」
確かにね・・・(^_^;
http://wirelesswire.jp/2015/06/32044/
☆TAK☆
15/06/15 11:40
SE・PEの悲哀・・・ いと哀れなり。
自分では大発見をしたと思っても、なかなかそれを理解してもらえなかったりしてね。(^_^;
前任者のお荷物を抱えたときの辛さ、分かりますわ・・・ だからこそ、もし自分の後に誰かがこれを見ることになるとしたら・・・という思いで、分かり易いソースを書こうと思うけど、面倒くさくなるとつい手抜きしてしまう。(使うだけのエンドユーザーさんにしてみれば、動けばいいわけですし)
SAKE
15/06/15 07:53
魔法使いさん、バグ退治ご苦労さまでした。
意図的な物ではなく、単にタチの悪いバグだったんですね?
私も前任者の尻拭いは何度かしましたが、いずれも苦労した覚えがあります。
こんな時、魔法でピピッと直せたらいいんですけどね!

今回、魔法使いさんは、目の前が明るくなる!と現象を体感されたようですが、私は前職時代に、考えて考えて悩んで、本当に頭が痛くなると言うのを体感した事があります。その時、初めて、この言葉って例え話では無かったんだ!と思いました。
魔法使い
15/06/13 12:23
2週間、いや3週間か。バグを追いかけてた。前任者のコードに紛れ込んだメ
モリ破壊だった。かなりたちの悪いヤツでアタリを付けようとしてもコメント
アウトで症状がかわってしまう。こうなるともう『砂漠で針一本』の世界。

対象になったのは全体の20%位。片っ端から調べていって、幹部を発見した
のは500行弱の巨大関数の中。大きすぎて何やってるんだか判らないので処理
のまとまりを小さな関数にして関数内から追い出し制御構造を浮かび上がらせ
ると、『ん?、あ!?、あ!!!』『コイツだーーーーーーーーー!!!!』みたいな。

ホッとしてるとなんだか景色が明るいことに気が付いた。物のたとえで『目
の前が明るくなる』とか暗くなるとか言うけれど、初めて体感した。この手の
バグは見つけにくいのを知ってるし、でもやらなくてはいけないし、いつまで
かかるんだろうと思っていたし、そういうことを言われもしたし(判らんくせ
に)、暗い日々を送っていた。こういう時って気持ちだけでなく景色も暗く感
じてるんだなぁ。

ともあれ、解決できてよかった。いろいろあったこの歳だから言えることだ
けど、いろいろあるから開発は面白い。開発の神様に感謝だ(^^)/
魔法使い
15/06/05 23:41
で、読みたくなって、一冊抜き取ったら、
どどどーっと崩れて、生き埋め(笑)
HITSUJI
15/06/04 17:13
そうだ! 「本で」家を作ろう!!
 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20