[ カンナのブログ ]
≪ 前頁  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  次頁 ≫
2012/04/27(金)※写真をクリックすると拡大表示
2 穏やかな八ヶ岳
(by みどり)

2012/04/27(金)※写真をクリックすると拡大表示
私の好きな風景1 「雨上がる」
(by みどり)

2012/04/25(水)※写真をクリックすると拡大表示
ようやく膨らみ始めた水仙のつぼみ。
    まってたよー。
今年は「春まつり」に合わせて、梅・チューリップなどが咲いてくれそうです。
(by みどり)

2012/04/25(水)※写真をクリックすると拡大表示
春まつり準備

庭にはいっぱい丸太を並べました。椅子にして、コンサートを聞いていただくよう準備しました。
着々と進行中です。
(by みどり)

2012/04/22(日)※写真をクリックすると拡大表示
ある保育園で樹音を伴奏に子どもたちが歌ってくれたとき、歌声が優しかったんです。

園長先生も「おどろいたあ。今日は子供たちが気持ちよく歌っていた。」と言われていました。
(by みどり)

2012/04/22(日)※写真をクリックすると拡大表示
NPO法人として活動して、いろんな方々に会い私たちスタッフも気づきをもらいます。

目先の利益ばかりに目を奪われないで、もうちょっと長い目で自分たちを見ていこう。
若者たちは、人に喜んでもらえることが大好き。
笑顔が大好きです。

だから「優しい音色が大好きな人」づくりしていこう。畑で種をまくように、子どもたちにこの音色を聞いてもらおうと、保育園にもよくお邪魔します。
(by みどり)

2012/04/22(日)※写真をクリックすると拡大表示
私たちNPO法人 やすらぎの音楽協会は、設立5期目になります。

「あわただしくて、不安がいっぱいの世の中だから、自然素材のやさしい音色をきいてもらって安らぎを感じていただければうれしいね。」というゆるいミッションを持って、NPO法人を設立しました。
2010年からは、夫が遺した「森のオカリナ樹音」という木のオカリナを、コンサート活動や教室で広めていく活動をしています。

 優しい音色の音楽を中心に、人と人がつながっていこうという活動は、いたって地味でコツコツとした活動です。
地味でコツコツと活動することは草の根が絡んで引っこ抜きにくくなるような、そんな仲間作りができるんじゃないかなーと思っています。わたし安川みどりは、このNPO法人の事務局長です。

NPO法人、日本ではまだ歴史の浅いこの組織を日本語に訳すと「特定非営利活動法人」というそうです。
この名前が結構誤解を生みやすく、利益を上げてはいけない。どっかからお金が出てるんでしょう。などなど
 NPO法人は自立して、稼いでいくことが基本です。

社会的な意義とお金を稼ぐこと、このバランスが取れてこそ、、、
この難しい舵取りに、ただ今挑戦してます。
(by みどり)

2012/04/23 hu*uta
なに!このカワイイやつら!
すてきな歌声が聞こえてきそう♪
2012/04/24 みどり
hu*utaさんへ

このかわいい子たちは、どんぐりの体とピスタチオのから殻でできています。

歌声が聞こえてきそうですよね。

2012/04/22(日)※写真をクリックすると拡大表示
リゾナーレは、星野リゾートグループ。
とても人気のある宿泊施設です。

行ってみると、その人気の秘密がわかるんです。
働いている方たちが、本当に感じがいいんです。
私たちのようなお客様じゃない人にも、やっぱりとても感じよいです。

それから一つ一つにこだわりのあるサービスがあって、「BOOKs and CAF」に行ってもその品選びと居心地のよい雰囲気に、ついあれこれ本を選びたくなる。
やっぱりお客様の集まるお店はちがうなーと感心します。
(by みどり)

2012/04/22(日)※写真をクリックすると拡大表示
5月5日(土)・5月6日(日)  リゾナーレ(小淵沢)でワークショップ決定しました。

あなただけの森のオカリナ 樹・音」をつくろう!

会場は、「BOOKs and CAF」前の広場です。

時間は、10:30  12:30  14:003回となっています。所要時間80分です。

参加費  3500円  (材料・吹き方レクチャー付き)

予約は、0551-36-5126(リゾナーレ BOOKs and CAF)まで
2012/04/21(土)※写真をクリックすると拡大表示
見学コースの最後は、試飲会場。これがまたまた楽しいんです。
今日は、わたしがハンドルキーパー。
21歳のカンナが、「白州10年物のハイボール」と「12年物の天然水割」試飲させてもらいました。

「おいしーよ」と幸せそうな顔をしながらいただいてました。
(by みどり)

2012/04/21(土)※写真をクリックすると拡大表示
サントリーの樽財で、「森のオカリナ樹音」を製作しています。
この材は、高温がすきっと響く笛になります。カンナは「この音色が大好き!」と、樽材の樹音で演奏活動をしています。

貯蔵庫に入ると、くらっとするぐらいのウイスキーの香りです。
ここで最高25年寝ている樽があるんですって。手間暇かかったお酒ということです。

樽材の樹音は、最初の頃はあったまるとほんのりウイスキーの香りがする。
その秘密に触れたように思いました。
(by みどり)

2012/04/21(土)※写真をクリックすると拡大表示
サントリー白秋工場の森は深く、本当に気持ちの良いところです。
ガイド役の社員さんも美しく、ここに来ると「やっぱりサントリーはちょっと違う」と思わせてくれるんです。
(by みどり)

2012/04/21(土)※写真をクリックすると拡大表示
桜の木の下で。
(by みどり)

2012/04/21(土)※写真をクリックすると拡大表示
山梨のサントリー白秋工場に久しぶりに行ってきました。

桜やつつじが満開でした。久しぶりに花の色を見ました。
心が晴れやかになりますね。
(by みどり)

2012/04/17(火)※写真をクリックすると拡大表示
春になると、お隣のデッキではこんな光景も見られるようになります。
(by みどり)

≪ 前頁  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  次頁 ≫