≪ 前頁  1  2  3  4  5  6  7  次頁 ≫
 * 2016/06/23 (木)   近江八幡円山地域の自然と文化の保全と継承の活動
 ヨシネットワークは、環境省の平成28年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業に応募し、採択されました。第1回目の連絡会を近江八幡円山の西川嘉右衛門商店の広間に関係者19名が顔合わせと、今後の薦め方等打ち合わせを行いました。今後の進行状況は、このHPに報告させていただきます。 事務局・嶋
 * 2016/05/22 (日)   びわ湖大津館 イングリッシュガーデンの花を押し花にして、押花はがきをつくりをしました。
 イングリッシュガーデンではバラが咲きそろい、多くの拝観者でにぎわうびわ湖大津館、本日は手作りマーケットが開催されました。芝生の広場にテントを張り、イングリッシュガーデンに咲いた花を押し花にして、押花はがきづくりを提供しました。子供さんが、はがきの粘着面にどんどん押花を飾りすばらしい作品を作ってくれました。最後にはお父さん、お母さんにありがとうと書いてくれる子どもさんに大喜びのお父さん、お母さん、良き場面を見せていただきました。5/28日・6/5日は押し花のランタンづくりです。ご来場をお待ちしております。
 * 2016/05/15 (日)   大津っ子まつり
 晴天の皇子が丘公園で大津っ子まつりが開かれました。早朝から多くのお子様連れで公園内は超満員。どのテントも長蛇の列、そんな中で、菜の花プロジェクトに参加、菜の花の押し花でしおりづくりをしたのですが、午前中1時間で100人が挑戦してくれました。午後にも100人分を準備していたのですが、これも1時間で終了。また、菜の花の油で揚げたポテトチップも3時間で完売。過疎地といわれる大津市・・こんなに多くの人が、どこから来たのか・・・驚きの一日でした。
 * 2016/05/07 (土)   琵琶湖汽船「ぐるっと島めぐり」 今年は新しいルートでびわ湖を紹介
 ぐるっと島めぐりは、大津港9:30に出港、沖島に上陸後沖の白石を見て竹生島に上陸します。竹生島から今津に行く方、または長浜へ行く方とはここでお別れです。竹生島から大津に帰る方や今津・長浜から大津へお越しのお客さんを乗せて、多景島上陸後、長命寺港にも上陸、米プラザに寄りお買い物、大津港へと18:00に帰港します。ぐるっと島めぐりが航行して10年になります。今年、はじめて長命寺港に15分ですが上陸することになりました。808段の階段を登ることは不可能ですが、健脚のお客様は中間にある事務所まで登ってこられました。船着き場から階段の登り口まではお店が並び、長命寺のお土産を買うことができます。2000円の金のわらじ・・ちょっとびっくり・・玄関に吊っておくと、金がたまり、足が丈夫になるそうですよ? いかがですか!! ヨシネットワークでは今年もびわ湖のヨシを紹介、ヨシ工作にヨシ紙のしおりに押し花を付けていただき、思い出づくりのお手伝いをしております。一度ご乗船ください。おまちしております。
 * 2016/04/24 (日)   瀬田しじみまつりに参加
 晴天の瀬田川湖畔、瀬田の唐橋付近の漁業会館を中心に、大津市長が駆けつける中、10艘の船に分乗して、セタシジミの放流が行われました。湖岸では湖国の川魚の煮つけや菜の花漬け、ひょうたん、シジミのストラップなどの販売や、ヨシの工作、間伐材のふくろうづくりの工作教室もあり、吹き付ける風も心地よい水辺で、休日を楽しむ親子や、散歩をする地域の人たち、通り行くウォキングの団体などしじみまつりを見ていただけたでしょう。
 * 2016/04/03 (日)   びわ湖大津館「びわ湖の恵みを体験するフェスタ」
 桜のトンネルを散策しながら、びわ湖大津館に到着。桜の開花に私たちも満足。玄関では初お目見えの「ヨシベー」がお客さんのお出迎え、お陰様で数百人のお客様をお迎えして開催することができました。早くからHPに予告させていただき、この日のために準備してきました。館内では珍しいヨシうどんやヨシサブレ等に人気があり、癒しの音色を楽しみながら食する会場には多くの人が集まってくれました。各コーナーには楽しい会話や始めて見るヨシに触れる人、ヨシ工作や間伐材の梟づくりを楽しむ人、ヒンメリづくりに挑戦する人等、どこのコーナーからも笑い声が聞こえてくる、そんな一日でした。
 * 2016/04/03 (日)   びわ湖の恵みを体験するフェスタ
 チラシもできました。チラシの裏を紹介します。
お問い合わせは、ヨシネットワーク 事務局 (携)080-5328-5170 まで
 * 2016/04/03 (日)   びわ湖の恵みを体験するフェスタ〜見て、触れて、聴いて、食を楽しむ〜
 ヨシネットワークでは、毎年4月4日をヨシの日として活動報告をするイベントを開催しております。
本年は、びわ湖大津館のご協力をいただき4月3日(日)10時から16時30分まで、ご来場いただいたみなさんとともに楽しい会にしたいと計画しております。是非お越しください。
 * 2016/02/19 (金)   岡山の小学校へ琵琶湖のヨシを紹介
 今年も岡山の小学校に環境学習の一環として、びわ湖のヨシを紹介しヨシ工作を楽しんでいただいました。ヒンメリやパンパイプ、ブーブー笛を制作したのですが、3年生の子供たちにできなかったのは紐を結ぶ事でした。製作後の感想では、ヒンメリが難しかったの声が多かったのです。ヒンメリは紐を結んで完成する工作です。今は、靴のひもを結ばなくてもよいのですね? もう少し時間があれば、紐結びの指導がしたかったと思いました。ブーブー笛には大歓声と、興奮状態に、思わず先生の怒鳴り声が・・・ でも元気な子どもたちとの楽しいひと時を過ごせました。玉野市立大崎小学校・岡山市立七区小学校の3年生の皆様 これからも環境学習に児島湾のヨシを大切に育ててください。琵琶湖のヨシと交流できる日を楽しみにしてります。
 * 2016/01/31 (日)   市民ヨシ刈り
 本年も市民ヨシ刈りに参加。前日の曇り空から一転、本日は晴天なりとなりました。大津市長も参加していただき、釜を手に、額に汗をにじませながらの作業となりました。ヨシ刈りの後は、豚汁の振る舞いがあり、アクティバのホールでは、ほっとらいんのよし笛演奏と、ヨシネットワークが指導するヨシ工作を楽しんでいただきました。短い時間に作品作りに思いを込める子どもたちに負けじと、アクティバのみなさんも童心にかえって作品作りをしてくださいました。刈り取ったヨシは、3月12日(土)のよる7時から市内5地域のびわ湖辺で「ヨシたいまつ」として一斉点火されます。雨天の場合は13日(日)に延期。詳細はおおつ広報に掲載されます。
 * 2015/10/31 (土)   2015年青少年のための科学の祭典・滋賀大会・大津会場
 今年の大津開場はびわ湖大津館と琵琶湖環境科学研究センターで開催されました。ヨシネットワークではヨシを使ってパンパイプを作ることになりました。パンパイプは古代から作られ、さまざまな材料で作られた民族楽器として世界中で作られています。それを参考に改良したものです。幼児にはご両親がお手伝い、なかには初めて吹いて音が出る子どもがいたり、どうしても音の出ない子供には出来上がったパンパイプを首にぶら下げ「練習、練習・・」と言ってはげましたためか、会場のあちこちで、パンパイプを吹く音が聴かれました。
 * 2015/06/14 (日)   琵琶湖汽船「ぐるっとびわ湖4島めぐり」に乗船
 2015年5月9日(日)から11月29日(日)の土・日・祝日に、琵琶湖汽船のクルーズ船「ぐるっとびわ湖4島めぐり」に乗船し、ヨシ工作を担当することになりました。ヨシ工作は、一昨年までクルーズで担当していた、お客様に好評だった「押し花のヨシ紙しおりつくり」です。このクルーズでは、琵琶湖の4島(沖島・沖の白石・竹生島・多景島)をめぐりながら、琵琶湖の環境や滋賀県の名勝、歴史等を紹介しております。ヨシは琵琶湖の水質や生きものを守ってくれる大切なものです。このヨシから、葭簀やつい立て、よし笛、ヨシ紙、ヨシうどん、クッキー、ジェラートに至るまで利用されております。ヨシネットワークでは一日のクルーズを楽しんでいただけるように、よし笛の演奏をしております。また、ヨシを使った工作品や癒しの音色をCDにして販売しております。是非、滋賀県にお越しください。琵琶湖の素晴らしい景色をご案内いたします。琵琶湖汽船のHP「琵琶湖汽船」で検索してください。(http://www.biwakokisen.co.jp/basic/index2.php)
 * 2015/04/04 (土)   三方葦(よし)フェスタ
 天気予報は前日まで雨予想、しかし予報は見事に当たらず、満開の桜はびわ湖大津館庭園を訪れる多くの人たちを迎えてくれました。庭園や館内では日本よし笛協会の各サークルの皆さんがどこかでよし笛の演奏をしているといった、新しい試みの演奏会となりました。館内の2階各室ではヨシに関する工芸品や工作体験、ヨシうどんやヨシのジェラート、クッキー等の販売もあり,ヨシの一日を楽しんでいただきました。
 * 2015/03/28 (土)   WSの春休み工作教室
 大津市南郷洗堰東側に建つウォーターステイション琵琶では、毎週土日に自然の材料を使った簡単な工作教室を開いております。今日はヨシネットワークの当番日でプティローズが担当いたしました。春休みに入り、大津市内の方々に混じり、大阪から工作を楽しみに来てくださった親子連れがあり、新しい工作を考え提供している私たちを感動させてくださいました。ヨシを使ったヒンメリは、平面に組んだヨシが立体の作品に完成することが面白いと思います。出来上がった作品に鈴を付けて風鈴風に使用したり、乾燥植物を付けて室内飾りに楽しむ事も出来ます。WSのイベントはHPにて紹介されます。「ウォーターステーション琵琶」で検索ください。http://www.water-station.jp/
 * 2015/03/22 (日)   急がば周れ♪瀬田川ぐるりさんぽ道ウォークラリー
 晴天です。春が来た!!330名の参加者が汗を拭いながらの散歩です。途中につくしを見つけて積む人や、新しくできた南郷ほたる橋で記念写真を撮る人、速足で一生懸命歩く人、それぞれのスタイルでウォークラリーを楽しんくださいました。このさんぽ道は瀬田の唐橋から南郷洗堰を瀬田川を挟んで一周出来る約4kのコースです。春は桜、秋は紅葉と四季を通して楽しめます。
 * 2015/03/01 (日)   第70回びわこ毎日マラソンの環境ブースに参加して
 雨の中開催されたマラソン大会、傘をさして観戦をする皆さんに温まっていただこうと、テントの中で作られる豚汁やラーメン、たこ焼き等、降りしきる雨にはどうすることもできず、雨に泣かされる大会となりました。琵琶の会から環境ブースに、間伐材を使用したフクロウ作りやヨシを使ったヨシの工作で、応援に来られた皆様をお迎えしたいと参加したのですが、工作をしてくれる人も数人だけで残念なおもてなしに終わりました。
 * 2015/02/13 (金)   岡山の小学校でヨシ工作指導
 岡山市児島湖の環境保全に群生するヨシを使って、環境学習を始められて数年になります。琵琶湖のヨシでヨシ工作を進めていたヨシネットワークがヨシ工作を指導することになり、今年で3年目です。今回はヨシ紙漉きを指導、3年生の皆さんが、小さな手を水につけ、”冷たいよー”。もみじやクロバの押し花を漉き込んだはがきを作り、出来上がった作品に喜びの笑顔を・・・ここでもう一つプレゼント、ブーブー笛工作をしたところ大騒ぎとなり、こんなに感動してくれるとは・・・早朝に大津を出発して3時間、皆さんの歓声に疲れも吹っ飛びました。写真は完成したはがきです。今回は玉野市の小学校でも、ヨシ額やパンパイプ、ブーブー笛を指導し、地元のRSKラジオの生放送に出演するハプニングもありました。
 * 2015/01/25 (日)   雄琴のヨシ刈り
 前日の冷え込みは嘘のような暖かい朝、雄琴アクティバ裏のヨシ保全地帯でヨシ刈りが実施されました。アクティバのホールでは、ヨシ刈りを終えた人たちとアクティバの利用者のみなさまに、よし笛演奏やヨシ工作を楽しんでいただきました。よし笛の演奏はほっとらいん、今回はスクリーンに歌詞を映してよし笛の伴奏で大合唱、和やかな演出にみなさんの笑顔がほころび楽しいひと時となりました。この間にヨシ工作もすることになり写真のようなヨシを紐に通して立体の作品に組み、かわいく仕上げました。子供さんからお年寄りまで簡単に作れて喜んでいただけました。本日刈り取っていただきましたヨシは3月14日(土)の19時に、市内7地域の琵琶湖辺で「ヨシたいまつ」として、一斉点火されることになっています。(雨天等の場合は15日(日)に順延されます。)ヨシたいまつの詳細はおおつ広報に掲載されております。
 * 2015/01/04 (日)   琵琶湖汽船初詣クルーズ2015に参加
 年の初めは大雪でした。豪華船ビアンカに除雪できなかった雪を乗せて出港し、乗客の方が雪だるまを作って楽しむひと時もありました。このクルーズは日本最大のパワースポット琵琶湖、湖とその周りから神仏パワーを頂き、素晴らし1年となるよう祈願する初詣クルーズです。船内ではよし笛と絵語りで綴る水の神々の物語「湖水曼荼羅2015−水の恵み、水の悦び−」が大沼芳幸先生とよし笛演奏近藤ゆみ子さんのコンビで講演され、続きが聞きたいといった感想が聞かれました。ヨシネットワークはプティローズがヨシ工作を指導、珍しいヨシのオブジェに感動していただきました。
 * 2014/07/06 (日)   プティローズ展にてよし笛演奏
 7/3より7/6まで開催しておりましたプティローズの手作り仲間の展示即売会最終日に、よし笛演奏者ほっとらいんをお迎えして、癒しの音色を楽しんでいただきました。狭い会場に数十人のお客様にご来場いただき、演奏者の平尾ご夫妻から、満員電車の中のようだといわれてしまいました。会場の皆様からリクエストをしていただき、楽譜なしで演奏し、間奏には夫婦漫才まであり大サービスの1時間、最後によし笛持参のみなさんと琵琶湖周航の歌で無事プティローズ展を締めくくりました。皆様のご協力有難うございました。
≪ 前頁  1  2  3  4  5  6  7  次頁 ≫