≪ 前頁  1  2  3  4  5  6  7  次頁 ≫
 * 2012/10/30 (火)   読売新聞しが県民情報より
 「自然を守れる大人に 大津市立雄琴小学校 ヨシを通じた環境学習」
大津市立雄琴小学校では、ヨシをキーワードにした環境学習を各学年ごとに行い、6年間を通じて環境する自然の仕組みを学んでいるとの紹介が掲載されました。幼苗を提供した淡海環境保全財団の田井中文彦さんの話では「仲間のいるところに植えてあげ、ここなら育ちそうという場所を自分たちでよく考えてみて・・」とアドバイスし、ヨシ苗を子供たちの手で植えてくれました。ヨシネットワークでは毎年、大きく育ったヨシの刈り入れをお手伝いし、このヨシを使ったヨシ工作を提供しております。それぞれの季節におけるよしの成長や水を浄化する性質、生き物との関係とその活用方法を知ることで、循環する自然の仕組みを多くの人に学んでいただくことが、われわれの仕事です。多くの子供たちに興味をもってほしい。大津市民より
 * 2012/10/28 (日)   あんそろじぃ書展でよし笛の演奏・・Minamo
  しが県民芸術創造館で前田書道教室の書の作品展が開催されました。この展示会場でよし笛の演奏があり、書を背によし笛の音色を聴かせていただき、自然の音色はどんな場所にも適合することに感動させられました。書の素晴らしい作品に負けない音色・・・・・最高でした。(嶋)
 * 2012/10/21 (日)   矢橋帰帆島 オータムフェスタ
  矢橋帰帆島公園でオータムフェスタが開催されました。ヨシネットワークでは「大原っぱの作って遊んでゾーン広場」でブーブー笛やパンパイプ、ヨシ額作りのコーナーを担当しました。秋晴れのもと、大勢の家族連れが訪れ、用意した材料が短時間で無くなりました。終了を知らすとがっかりした子供たちの顔。午後には子供たちの綱引きを手伝い、青い空に天高く大凧が舞い上り歓声があがりました。(今井)
 * 2012/10/08 (月)   ぐるっとびわ湖島めぐりの旅撮影
  10月8日ぐるっとびわ湖島めぐりの船上で「びわくる」の撮影がありました。今回の撮影は、10月15日と22日の夜7時55分〜8時00分までの5分間、BBCびわ湖放送にて放映されます。おたのしみに!!
 * 2012/10/04 (木)   MEGUMIの船上にてヨシ博士をしのぶ会開催
  ヨシネットワークの前会長西川嘉廣先生をしのぶ会は、琵琶湖汽船「MEGUMI」の船上に、関係者33名が西川先生の奥様(南風子さん)、弟の西川嘉武ご夫妻をお迎えして、先生の思い出をDVDやクイズに、日本よし笛協会の会長を務めてくださった先生によし笛の演奏を贈りました。
この会でヨシネットワーク2代目会長を丹波先生にお引き受けいただき、みなさまに披露させていただきました。御挨拶はホームに掲載しております。
 * 2012/09/29 (土)   下水道50周年フェスタ 大津市由美浜 市民プラザ公園他
  幸い台風の影響を受けず(翌日なら暴風雨警報が出て中止のところでした。)、当フェスタは無事実施できました。私たちは琵琶湖の水環境を守っている「ヨシ」の大切さを皆さんに知ってもらうため、よし笛演奏(演奏:Minamo)の演奏会やヨシ工作をしました。各地、各場所で秋のイベントが重なったためか、全体の参加者は少なかったようですが、琵琶湖も目の前に生のよし笛を聞いてその素朴で美しい音色に感動したり、ヨシでこんな楽しいオモチャが出来る!と参加した皆さんは楽しんでいただいたように感じられました。
 * 2012/09/17 (月)   希望ヶ丘スポーツフェスティバルにヨシ工作を指導
  9/16・9/17 突風の吹く希望ヶ丘で、スポーツフェスティバルが開催されました。真夏のような暑さのなかで日陰を求めて休憩する家族やグループで、公園の中はにぎわっていました。ヨシ工作を楽しんでくれた100名近い子供たち、ブーブー笛の音に驚く子、パンパイプを一生懸命練習する子、出来上がったコラージュに満足顔の子と数分で完成する工作に満足していただいた様子でした。
 * 2012/08/12 (日)   びわこ競艇ファミリーカーニバル
  大津市茶が崎の県営競艇場で開催された「ファミリーカーニバル」に、多くの親子づれが、競艇選手の操縦するボートの試乗体験やヒーローショーを楽しみました。そんな会場で、ヨシネットワークのヨシを使った工作体験があり、ブーブー笛やヨシ額作りをして、夏休みの宿題ができたと喜ぶ子供さんもありました。毎年の行事になりました。来年も参加してね・・・・!
 * 2012/08/03 (金)   びわ湖大津夏まつりに参加
  猛暑です。祭りの会場はびわ湖から運ばれる心地よい風に、暑さを忘れる賑わいでした。会場では盆踊りの始まるまえの2時間をヨシ工作で楽しんでいただこうとワンコインで楽しめる工作と、ブーブー笛やパンパイプ、コラージュ(ヨシ額)を提供しました。このワンコインは東日本大震災の募金として、震災後の復活に役立てていただこうと計画いたしました。200人の子供たちが工作を楽しんでくれました。ありがとうございました。
 * 2012/07/21 (土)   第5回水辺の匠 ウォターステーション琵琶
 7/21・7/22 ヨシネットワークも参加しました。ヨシネットワークのメインはヨシうどんを冷やしうどんにして、会場にお越しのみなさまに1杯200円で食べていただきました。ヨシうどんののど越しの良さが大変好評でした。ヨシ工作ではブーブー笛作りでヨシを紹介、山崎先生のメダカの声やザリガニの声を聴かせていただけるコーナーもあり、暑さをふっとばす盛りだくさんのイベントに、子供も大人も満足していただけたと思います。
 * 2012/07/05 (木)   夏のプティローズ展
  7/5・7/6・7/7 プティローズは毎年夏、冬2回の手作り仲間の展示、即売会をしています。今回夏の展示会は5日(木)によし笛(ほっとらいん)の演奏と詩の朗読(荒井紀子)をテーマに1時間の演奏会をし、演奏後よし笛ご持参の皆さんには、よし笛の初歩の吹き方をほっとらいんの美季先生に指導していただきました。多数の皆さんから、よし笛を買ったものの吹けないといった悩みを解消していただく目的でご指導くださることをお願いしてみたところ心よくおうけくださいました。音階が吹けるようになった皆さんから、次回はここで一曲吹けるように練習してきますといったお言葉を頂戴し、冬のプティローズ展が楽しい演奏会になればよいのですが?
 * 2012/06/23 (土)   兵庫県龍野市水墨画伯 堂野夢酔氏個展にてよし笛演奏(レークリード)
 舞台に展示した プティローズ制作のヨシ紙の薔薇 よし笛のおかげで、今までご縁のなかった方々と出逢えたり、またご縁のなかった場所へお邪魔すると言う、素晴らしい贈り物をいただいています。今回は個展の会場にてよし笛の演奏をさせていただきました。その際、よし笛だけではなく琵琶湖やヨシ原の大事さをもっとお伝えしたくて、ヨシ数本とヨシ紙で作ったバラを飾らせていただいたところ、間違いなく更にヨシの存在と必要性をお伝えできたと実感しました。演奏後、よし笛とバラの花に関心を持ってくださった方々に囲まれ、話に花が咲きました。私たちよりお花の写真を撮っておられた方が、沢山おられました。(レークリード 近藤ゆみ子)
 * 2012/06/03 (日)   第7回よし笛定期演奏会
  湖からのおくりもの”みんなで楽しむ音楽会”第7回目のよし笛定期演奏会です。日ごろの練習の成果が、会場に集まってくださった多くのよし笛ファンを満足させてくれる演奏会でした。自然の音色が多くの人に親しまれ、仲間づくりの機会が増してきました。日本よし笛協会の会員でつくるグループも増え、今後の活躍が期待されます。ヨシネットワークも応援いたします。会員の皆様の御発展、御活躍を楽しみにしております。今日の演奏会はすばらしかった!!
 * 2012/05/23 (水)   修学旅行生に琵琶湖環境の話とヨシ工作
  静岡から奈良・京都方面に修学旅行に来た中学生、今夜は琵琶湖の畔で宿泊です。夕食後の2時間を琵琶湖環境の話とヨシ工作で、楽しみながらの学習を体験しました。ヨシネットワークではいろいろなイベントでヨシを知っていただき、ヨシに触れていただき、琵琶湖環境のお手伝いをしております。お気軽にご依頼ください。依頼先はヨシネットワーク事務局鳥飼和夫(080-5328-5170)です。
 * 2012/05/20 (日)   大津っ子まつりに「菜の花プロジェクト」でしおりつくりに参加
 滋賀から始まった「菜の花プロジェクト」が全国に広がり、各地で資源循環型のまちづくりが展開されています。廃食油を回収して石鹸をつくることから始まったこの動きは、休耕田を活用した菜の花栽培から菜種油をつくり、天ぷらを食した後の廃食油を、ディーゼルエンジンの燃料に利用する動きへと高まりました。このように具体的で幅広い可能性を持った、地域自立の環のまちづくりを私たちに示してくれました。ヨシネットワークは菜の花の押し花をしおりに貼り、子供たちに菜の花を見ていただきました。150枚のしおりを準備していましたが、2時間ほどでなくなり、大盛況でした。
 * 2012/04/07 (土)   よし笛演奏とヨシ工作 −ヨシネットワークー
  ヨシネットワークではヨシのお話やヨシに触れていただくヨシ工作、よし笛演奏等ご希望の講演を組み合わせ皆様のイベントのお手伝いをさせていただきます。今回のイベントはびわ湖ホテルで開催された京都遺族会朱一支部の会に、食後のひと時をヨシの紹介とヨシ工作、よし笛演奏で楽しんでいただきました。ご依頼はヨシネットワーク事務局 鳥飼(携帯 08053285170)にお問い合わせください。
 * 2012/03/10 (土)   琵琶湖開き ヨシ松明まつり
  3月10日は2年ぶりの琵琶湖開きで、夜はヨシ松明まつりが開催され、そこで30分ほどヨシのお話をさせていただきました。ヨシの成長から、ヨシ焼きの大切さ、ヨシの有効利用などなど、話をしながら先日お亡くなりになったヨシネットワーク会長西川嘉廣先生の事を思い出し、これからは私達が先生に教えていただいた事を啓発していかなければと強く思いました。レイクリードのよし笛の音色を聴きながら、湖岸のヨシ松明を眺めていると、東日本の震災でまだ行方不明の方々の事が頭をよぎり、心の中で手を合わせました。(中西みどり)
 * 2012/01/29 (日)   雄琴アクティバのヨシ刈り
  早朝に小雪が舞い、厳しいヨシ刈りになるのではと心配、しかし開会式がはじまるころには日も差し込み、参加者はヨシ刈りを楽しんでいるようでした。
 ヨシ刈りの後、よし笛演奏を聴き、ヨシ工作ではヨシでコラージュを作り、ヨシ刈りに参加していただいた大津市長からお褒めの言葉をかけられる子供達もあり、和やかな時間を過ごしました。
 * 2011/11/26 (土)   琵琶レイクオーツカにてよし笛演奏とヨシ工作
  大塚グループのレクリエーションに招かれ、近江舞子内湖のヨシ刈りを体験した皆様にヨシ工作とよし笛演奏を楽しんでいただきました。よし笛演奏ではどんぐりの歌を大合唱、ヨシ工作ではヨシ刈りで写した写真を額に入れ、がくの周囲にヨシやどんぐりを貼り、最後にブーブー笛をつくりその音に大歓声、よし笛とブーブー笛の合奏まで体験していただきました。みなさん大喜び!!守山琵琶湖よし笛アンサンブルとプティローズの皆様ご協力ありがとうございました。
 * 2011/09/24 (土)   第65回全国レクリエーション大会INしが(龍谷大学瀬田キャンバス)
 この大会は、市民一人ひとりの余暇生活の充実を目標としたレクリエーション運動の推進の一環として、生涯を通して楽しみ、喜びを味わえるレクリエーション活動を体験し、全国からの参加者と開催地住民との交流を図る事、さらに全国各地及び各専門領域におけるレクリエーションに関する研究・実践の成果を結集することにより、今後の生涯スポーツ・生涯学習の振興とレクリエーション運動の活性化に資することを目的としております。今回は滋賀県での開催となり23日から25日まで滋賀県内で開催されます。ヨシネットワークではヨシ工作の体験や、よし笛演奏を聴きながらびわ湖を感じてみませんか?と題してブーブー笛、ミニ額、しおりの工作とよし笛サークルMINAMOのよし笛演奏を披露し、ヨシに触れてヨシを知っていただき、びわ湖にはヨシが大切に育てられていることをPRさせていただきました。全国からお集まりいただいた皆様に満足して頂けたかはわかりませんが、何か新しい提案を見つけて頂けた事と思っております。
≪ 前頁  1  2  3  4  5  6  7  次頁 ≫