≪ 前頁  1  2  3  4  5  6  7  次頁 ≫
 * 2011/11/26 (土)   琵琶レイクオーツカにてよし笛演奏とヨシ工作
  大塚グループのレクリエーションに招かれ、近江舞子内湖のヨシ刈りを体験した皆様にヨシ工作とよし笛演奏を楽しんでいただきました。よし笛演奏ではどんぐりの歌を大合唱、ヨシ工作ではヨシ刈りで写した写真を額に入れ、がくの周囲にヨシやどんぐりを貼り、最後にブーブー笛をつくりその音に大歓声、よし笛とブーブー笛の合奏まで体験していただきました。みなさん大喜び!!守山琵琶湖よし笛アンサンブルとプティローズの皆様ご協力ありがとうございました。
 * 2011/09/24 (土)   第65回全国レクリエーション大会INしが(龍谷大学瀬田キャンバス)
 この大会は、市民一人ひとりの余暇生活の充実を目標としたレクリエーション運動の推進の一環として、生涯を通して楽しみ、喜びを味わえるレクリエーション活動を体験し、全国からの参加者と開催地住民との交流を図る事、さらに全国各地及び各専門領域におけるレクリエーションに関する研究・実践の成果を結集することにより、今後の生涯スポーツ・生涯学習の振興とレクリエーション運動の活性化に資することを目的としております。今回は滋賀県での開催となり23日から25日まで滋賀県内で開催されます。ヨシネットワークではヨシ工作の体験や、よし笛演奏を聴きながらびわ湖を感じてみませんか?と題してブーブー笛、ミニ額、しおりの工作とよし笛サークルMINAMOのよし笛演奏を披露し、ヨシに触れてヨシを知っていただき、びわ湖にはヨシが大切に育てられていることをPRさせていただきました。全国からお集まりいただいた皆様に満足して頂けたかはわかりませんが、何か新しい提案を見つけて頂けた事と思っております。
 * 2011/08/28 (日)   第六回よし笛定期演奏会 〜湖からのおくりもの〜
  第41回滋賀県芸術文化祭事業として参加、湖からのおくりものを東日本大震災で大変な想いをしている被災者の皆様へよし笛の音色を届けようと演奏される会員の努力が心に伝わってくる思いがしました。よし笛演奏にはいろいろ新しい試みが加わり、よし笛とのコラボを楽しませてくれました。素晴らしい演奏をありがとう!!
 * 2011/07/31 (日)   南郷水産センターにてヨシ工作指導
  今年初めての試みです。プールを楽しみに来る子供達に簡単な工作を指導しました。ヨシネットワークではブーブー笛とヨシ紙のうちわに絵を書き仕上げるうちわ作りをしました。ブーブー笛は幼児から小学生にも人気があり、会場内をぶーぶーと大変な騒ぎでした。よい思い出になるでしょう。
 * 2011/07/26 (火)   沖島 鮒寿司手作り講習会に参加
  一度鮒寿司を漬けてみたいと参加しました。川魚の臭いを覚悟していたのですが、おしゃべりをしながら塩漬けされた鮒のウロコをたわしでこする作業からはじめ樽詰めが終るまで、途中昼食の時間も含め約5時間がんばりました。さて味は?
 * 2011/07/23 (土)   第4回水辺の匠おもしろステージ!に参加
  ウォーターステーション琵琶の会主催の交流の集い2011にヨシネットワークが参加、ヨシ紙のうちわに絵を書く工作体験をしました。金魚や犬、猫、のシールを貼って絵を書いたり、中には自分で花や風船の絵をうちわいっぱいに描いた作品が出来上がり、子供達の想像力の素晴らしさに驚かされました。他のグループでは土のうづくりの体験や洗堰の見学ツアー、よし笛の演奏会などもあり、休日のひとときを充分に満足していただけるイベントでした。
 * 2011/07/18 (月)   前期(5〜7月)最後のぐるっとびわ湖島めぐり
  早、本年の前期クルーズ最後の日となりました。台風上陸を前に風が吹き、多景島、竹生島に上陸出来ず帰ることとになりました。船内ではよし笛演奏、ヨシ工作を楽しみながら無事浜大津港にかえってきました。
 * 2011/05/08 (日)   ぐるっとびわ湖島めぐり
  改装されたインターラーケンで、クルーズがはじまりました。夏の日差しがびわ湖に照り返し、周囲の山々も見渡すことができ、よし笛の音色が一段と響わたる1日でした。
 * 2011/04/02 (土)   ヨシの日
  4月はヨシの日です。本年も安土公民館でよし笛の日記念フォーラムが開かれました。琵琶湖汽船川戸良幸常務、写真家森本光瑛氏の講演があり、山と里と湖の調和、琵琶湖が永遠であってほしいと琵琶湖への自然活動をとうしてお話がありました。今回はよし笛の演奏を聴きながら、ヨシうどんとびわ湖のよし笛と名づけた御菓子をいただき、ヨシを考え、聴き、食し、ヨシの日を満足させていただきました。東日本大震災のためヨシ焼きが中止になり、焼かれる日を待っていたヨシの束はどうしたのかなぁー
 * 2011/02/19 (土)   伊香立リサイクルプラザでよし笛演奏とヨシ工作
  守山琵琶湖よし笛アンサンブルから9名の演奏者が参加、よし笛演奏と、子供達にパンパイプの制作を指導してきました。できあがったパンパイプで最後に、「幸せなら笛吹こう」を大合奏、子供達の笑い声に囲まれて、楽しいひと時を過ごすことができました。忘れさられそうなヨシという植物が大切な役割をしてることを伊香立の子どもたちといっしょに学ぶことができました。
 * 2011/02/01 (火)   おごと温泉観光公園オープン
 足湯 おごと温泉観光公園はおごと温泉港に近い国道161号沿いにオープンしました。公園の敷地は丘陵東斜面に広がり、公園の入口には観光交流センターと足湯がおかれております。足湯は湯温約30度に設定されています。交流センターは水曜と祝翌日などを除き午前7時から午後7時まで営業されます。地元食材を使うカフェや土産物物産店、ヨシ細工の体験工房を開設しています。ヨシ工芸品はヨシネットワークが担当しております。
交流センター 4月からは日曜日に野菜などの朝市も開きます。駐車場は交流センター前と公園内に計44台あります。今後のイベントはヨシネットワークHPのイベント紹介に掲載いたします。お楽しみに!!
 * 2011/01/30 (日)   大津市民ヨシ刈り 雄琴アクティバにて
  1月30日(日)アクティバ裏のヨシ原で、大津のヨシ作戦”市民ヨシ刈り” が開催され、多くの市民が参加、寒風が肌を刺すなか、かじかむ手でカマを持つ親子連れや地域の皆さんのご協力で1時間ばかりで刈り終わることができました。 雄琴アクティバ内では、「ほっとらいん」のヨシ笛コンサートやプティローズの指導で、折り紙のお雛様で壁掛けを作る工作を楽しんでいただきました。アクティバに入居されている皆様方も参加くださり、お雛様の歌を歌いながら折り紙をする笑顔に、心癒されるひとときでした。 本日刈り取ったヨシは3月12日(土)の夜7時から市内7地域の琵琶湖辺で「ヨシたいまつ」として一斉点火されます。(雨天の場合は13日(日)です。)お近くの会場にて、びわ湖の「春の風物詩」となったこの行事を一緒にお楽しみ下さい。
 * 2010/12/11 (土)   レイクリード結成10周年記念コンサート
  栗東芸術文化会館さきら中ホールに、この日が来ました。ヨシネットワークではプティローズを中心にプログラムV部ロマンスの舞台をヨシで飾る大役を仰せつかりました。ヨシは近江八幡西川商店より贈られ、このヨシとプティローズが製作いたしました赤い80本の大輪のバラとをアレンジすることとなりました。このバラはヨシ紙と布を貼り合せて製作したヨシ紙アートです。舞台に立つ冬のヨシの背景にはさざ波が写し出され、びわ湖の水辺を表現、アンコールの場面では夕焼けにそびえるヨシ原の場面を再現できたと・・・・製作者は大満足(これは照明の皆様の腕で・・・) レークリード10周年のこの素晴らしい舞台を再出発として、20周年に向って新しい出発点にするとお約束いただき、日本よし笛協会の発展、ヨシネットワークの輪の広がりに大きな力をいただけたと、今後のご活躍をお祈りしております。(ヨシネットワーク)
 * 2010/11/28 (日)   ヨシとアートの秋展 inびわ湖
  本日は下田義春先生をお招きして「ヨシのお話」を子どもたちにもよくわかるように講演してくださいました。初めて見るヨシの根に驚きの様子、そしてよし笛の演奏はヨシ笛を考案された菊井了先生が来展してくださり、近藤ゆみ子さんと結成されて10周年になる「レイクリード」としてよし笛の癒しの音色を聞かせて下さいました。
 明日(29日)は押し花、グラスアートの体験会です。しおりは無料講習をしております。30日(火)は13;30より荒井紀子先生とシュリンクスのヨシの話とよし笛の演奏があります。是非お立ち寄り下さい。 (高嶋)
 * 2010/11/27 (土)   ヨシとアートの秋展 inびわ湖
  米プラザでのヨシアート、押し花、グラスアート、レカンフラワー、アルケミックアートの展示会がはじまりました。本日のよし笛演奏は「湖都音」の皆様。
 晩秋のびわ湖に暮らすをテーマーにした展示を前に、よし笛の素晴らしい音色を響かせていただき、米プラザおいしやうれしやでお買い物中の人達がよし笛の音に思わず会場に足を運んでくださいました。押し花の作品には、これが押し花で作った絵なのかと驚きの声が聞こえてきました。また、新しいアートの数々には作り方の質問があったり、体験会では慣れぬ手付きで押し花を摘みながらしおりを作るかわいい子供達に、思わず笑みが・・・・。家族で参加してくださる方もいて、笑い声の絶えることがない会場でした。12月1日(水)13;00まで開催しております。是非お立ち寄り下さい。場所はびわ湖大橋米プラザ2階研修室です。(高嶋)
 * 2010/11/06 (土)   ぐるっとびわ湖四島めぐりに乗船して
  本日のクルーズは環境への配慮が評価され、シップ・オブ・ザ・イヤー2008を受賞した「MEGUMI」に乗船、秋のびわ湖をめぐりました。晴天、波もなく静かな湖に、靄のかかった風景は空と山と湖の区別がなく、雲の下から現われた沖の白石が空を飛んでいるように見え驚きました。写真は堅田の浮御堂付近でユリカモメの群れを写したものです。(高嶋)
 * 2010/10/29 (金)   南郷市民センター文化祭で「ホタルの学校」展示
  地域の子どもたちが千丈川のホタルを観察する事から、千丈川を美しくするためにあらゆる努力をする活動を荒井紀子先生と地域の皆さんの協力でまとめた数々のパネルが展示されています。ホタルの生態をクイズパネルにしたり、ホタルや川にすむ生き物が粘土で作られており楽しく見ることのできるアイデアいっぱいの作品です。30日16;00まで展示されています。是非お立ち寄り下さい。
 * 2010/10/17 (日)   しが県民芸術創造館 ザ、デビュー!男の料理教室
  とてもおしゃれな〜コメディータッチのミュージカルです。このミュージカルの一場面で子どもたちがよし笛を演奏します。30秒ほどでしたが、よし笛文化が広がっていけばと、日本よし笛協会講師会の皆さんがミュージカルに出演する子どもたちの指導をしてきました。詳しくはザ、デビュー!男の料理教室を開いて下さい。
 * 2010/10/09 (土)   朝日新聞(夕刊)ひびき紀行 琵琶湖の水中音 に紹介
  魚の鳴き声。あなたにも聞こえますか・・・・ヨシネットワークの山崎久勝さんが紹介されました。山崎さんは、水中の生き物の響をとらえようと、「聴診器」の防水膜を薄くする改良を加えた。飼われているメダカが出す音をひろうため、周囲の雑音の少ない未明を選び、聴診器を水槽の中に入れ、ひたすら待った。メダカは空中で静止するヘリコプターのように、水中をホバリングしながら音を発するのだそうです。(新聞記事一部紹介)山崎さんは、このホームページ講師紹介に詳しく書かれています。是非ご覧下さい。
 * 2010/09/22 (水)   石山寺 秋月祭
  雨の予報に月見の期待はせずに出かけました。ろうそくの明かりが参道を照らしてくれる寺の境内を優雅な気分で(但し足元に全神経を集中させて!)古き時代を想像しながら歩きました。本堂では京ことばによる源氏物語女房語りや小田純平さんの歌、多宝塔の野外コンサートではフルートやよし笛の演奏が披露されました。今日の目的は月見です。素晴らしい秋月を月見亭から見ることができました。そして、ヨシネットワークのよし笛演奏者レイクリードのよし笛の音色が夜の境内に響わたり、夢ごこち。終ると目覚めの集中豪雨が・・・・・・。こんな奇跡もあるのです。(高嶋)
≪ 前頁  1  2  3  4  5  6  7  次頁 ≫